赤井勝の息子や経歴は?エミフラワーの場所やレッスン、作品について紹介!

スポンサーリンク

出典:https://www.mbs.jp/jounetsu//

こんにちは!あやです。

4月は春の陽気に合わせて花がたくさん咲き、綺麗ですよね。

4月7日放送の情熱大陸では、フラワーアーティストの赤井勝さんが特集されます。

なんと赤井さんは只者ではなく超凄い人なのです!!

今やフラワーアーティストとして、世界中で活躍される方ですが、一体どのような人物なのでしょうか?

今回は、フラワーアーティスト・赤井勝さんについて調査してみました。

赤井勝さんの息子や経歴は?エミフラワーの場所やレッスン、作品についても知りたい!と、題して、赤井さんのことを紹介していきます!

早速一緒に見ていきましょう!^^

スポンサードリンク

①赤井勝とは?経歴や息子についてリサーチ!

出典:https://matome.naver.jp/odai/2142914398464606201

では赤井勝さんについて見てみましょう。

【赤井勝のプロフィール】

*名前:赤井勝(あかいまさる)

*生年月日:1965年

*年齢:54歳

*出身:大阪府

*血液型:不明

*身長:153cm

*職業:花人・フラワーデザイナー

*学歴:中卒

赤井さんは、大阪府出身のフラワーデザイナー(フラワーアーティスト)。

世界的にも有名な方なので、赤井さんの作品をご覧になったことがある方も多いのでは?

赤井さんは自らのことを「花人」(かじん)と称し、花を通して心を伝えています。

ちなみに赤井さんがお花の道に進もうと思ったきっかけは、花屋を営んでいる母親の恵美子さんだったのだとか。

実は赤井さんの父・道春さんは、赤井さんが2歳の時にガンでなくなっているのです。

父親が亡くなった後も、母の恵美子さんは赤井さんを一生懸命育てながら、花屋の経営を続けていたのだそうです。

かなり生活が苦しかったと言いますが、親子の絆で乗り越えたのでしょう!

苦しい家計の中でも赤井さんは恵美子さんの勧めで生け花教室に通い始めます。

小学生に上がる前には既にレッスンを受けていたと言いますから、当時からよほどお花が好きだったのでしょうね!^^

そして家中にお花を飾っては、母・恵美子さんが褒めてくれたそうですよ!

赤井さんは現在もお花に人生を捧げていますが、中学卒業後進学せずに、16歳の時からお花の仕事についています。

出典:https://zexy.net/ring/brand_c/blog/67

21歳の時には現在の奥さんと結婚し、仕事では独立。

お花関連の仕事を続けながらも、一人息子に恵まれます。

息子さんが現在何をされている方なのかはわかりませんでしたが、兄弟はおらず一人息子であることがわかっています。

さらにその後の赤井勝さんの略歴を見てみましょう!

2001年:在大阪ロシア連邦総領事館装花担当

2002年:(株)電通本社ビル「光の庭」プロデュース

2004年:

ウクライナ大使館主催「赤井勝装花の会」を開催

各国大使夫妻、島津貴子(元・清宮貴子内親王)

夫妻らを迎えた「赤井勝装花の会クリスマスナイト」開催

2005年:エジプト政府観光省主催イベントの装花担当

2006年:

Japan-Latin Ladies Association」加盟の大使夫人諸姉の「花の教室」を主催

在日ボリビア大使館共催によるファッションショー「Baby Alpaca Show (ベビー・アルパカ・ショー)」の装花担当

2007年:

「アンフォンテーヌ表参道ブティック」にて個展「MASARU AKAI装花展」を開催

2008年:

7月8日 北海道洞爺湖サミット ~配偶者プログラム~ 各国首脳夫人のランチ会場の装花 (会場:レストラン・マッカリーナ)

引用元:一部wikiより抜粋

2009:

ローマ法王謁見 謁見会場「パウロ6世ホール」にオブジェを制作 ベネディクト16世に謁見の際、ブーケを献上

2013年:

伊勢神宮にて 式年遷宮 献花奉納

引用元:https://www.watanabepro.co.jp/mypage/60000014/

略歴を改めて見てみると、素晴らしい功績ですよね!

世界から注目される理由がわかります^^

スポンサードリンク

②赤井勝の作品はどんな感じなの?

赤井勝さんの経歴を知ったところで、今度は作品を見ていきたいと思います!

赤井さんはこれまで数々の作品をこの世に残してきましたけど、どの作品もとても華やか。

出典:https://ameblo.jp/baba-channel/entry-12434055097.html

出典:https://www.instagram.com/p/BrJdyc6nqdZ/

出典:https://www.instagram.com/p/BrJdyc6nqdZ/

人々を魅了する作品が多いですね。彩っていてとても綺麗です。

人から愛される理由がわかります。

ちなみに結婚式の装花もされているようで、タレントさんの結婚式にも携わっているようですよ〜。

展示会があると、多くのモデル女優さんたちが見に来るようですし、かなり注目されていますね!^^

スポンサードリンク

③赤井勝のアトリエ、エミフラワーの場所やレッスンについて紹介!


 出典:https://twitter.com/hashtag/赤井勝

続いて、赤井勝さんのアトリエ「エミフラワー」の場所や、レッスンについて調べてみました!

リサーチしてみると、赤井さんのアトリエは、東京と大阪の2箇所にあることがわかりました。

ちなみに「emi flower(エミフラワー)」は大阪のアトリエの名前で、東京のアトリエの名前は「Akai Masaru」でした。

東京のアトリエ「Akai Masaru」は、六本木1丁目のアークヒルズサイドビル地下1階にあります。

Akai Masaru

〒106-0032 東京都港区六本木1-3-41 アークヒルズサイドB1

東京メトロ南北線:六本木1丁目駅3番出口
東京メトロ銀座線:溜池山王駅13番出口

また、大阪のエミフラワーの場所はこちらです↓

「emi flower」

大阪市北区堂島1-1-20

大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 7番出入口から徒歩約8分
京阪電車中之島線「大江橋」駅 5・6番出口から徒歩約5分

*営業時間: 12:00~22:00

*定休日:土・日

日・祝の宅配は可能

* * * * * * * *

レッスンは、赤井勝 装花の会「花と遊ぶ」アトリエ・プライベートレッスンという名前で行なっているようなのですが、レッスンに関するお問い合わせは、公式のホームページからできるようですよ。

赤井勝公式ホームページ

レッスン詳細は、お問い合わせ後にわかるようです。

ちなみにレッスンには、安倍首相の妻、昭子夫人も通っていたと言います。

特に女性はお花好きの方が多いので、お花を買いに来る人や、レッスンを受けに来る人で毎日賑わっていそうですよね。

興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせをしてみると良いでしょう!^^

スポンサードリンク

④赤井勝についてのまとめ

では最後に赤井勝さんについてまとめていきますね!

*4月7日放送予定の情熱大陸では、フラワーアーティストの赤井勝さんが特集される。

*赤井勝は、大阪府出身のフラワーデザイナー(フラワーアーティスト)。

*赤井勝は自らのことを「花人」(かじん)と称し、花を通して心を伝えている。

*2009年、ローマ法王謁見 謁見会場「パウロ6世ホール」にオブジェを制作 ベネディクト16世に謁見の際、ブーケを献上。

*人を魅了する作品が多い。彩が素敵!

*赤井勝のアトリエは、東京Akai Masaruと大阪「emi flower(エミフラワー)」の2箇所にある。

*レッスンを受けたい場合は、赤井勝公式ホームページからお問い合わせができる。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする