クーデンホーフ光子の子孫の現在は?EUの母のお墓の場所はどこ?

スポンサーリンク

出典:https://www.sankei.com/entertainments/news/190130/ent1901300005-n1.html

管理人のあやです!

2月3日に「吉田羊、プラハ・ウィーンへ…ヨーロッパに嫁いだなでしこ物語」が放送されますね。

今回の放送では、今ブレイク中の女優である吉田羊さんがナビゲーターを務め、チェコのプラハやウィーンを案内します。

また、今から約100年前にヨーロッパの貴族と国際結婚された、クーデンホーフ光子さんの生涯についても取り上げているようですね。

クーデンホーフ光子さんは歴史上でも有名な方ですが、ヨーロッパの貴族と国際結婚をされた理由や、どのような人物なのか気になります。

さらにクーデンホーフ光子さんはEUの母とも呼ばれている?

子孫の現在はどんな感じで、お墓の場所はどこにあるの?

今回は、気になるクーデンホーフ光子さんについてリサーチしてみました!^^

スポンサードリンク

《目次》

①クーデンホーフ光子とは?どんな人物?

②クーデンホーフ光子の子孫の現在は?

③EUの母、クーデンホーフ光子のお墓の場所はどこ?

④クーデンホーフ光子についてのまとめ

クーデンホーフ光子とは?どんな人物?

出典:https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/530.html

プロフィール 

*名前:クーデンホーフ=カレルギー光子

*全名:マリア・テクラ・ミツ・フォン・クーデンホーフ=カレルギー伯爵夫人

*旧名:青山みつ

*生年月日:1874年7月24日

*没年月日:1941年8月27日(67歳)

*出身:東京府牛込

*学歴:尋常小学校

クーデンホーフ光子さんは、東京府(現在の東京都)の骨董屋を営む青山家の両親のもとに、三女として産まれました。

1874年ですから、ちょうど明治維新の頃ですね。

クーデンホーフ光子さんの旧姓は、青山みつ

みつの父親は青山喜八という名前であり、大地主だったそうです。

なんでも、現在の東京の「青山」という地名が、青山家の苗字が由来であるという説があるんです。関係しているかわかりませんが、確かに青山に骨董通りっていう名の通りもありますよね。

とにかく地名になるくらいの地主って相当すごいです!権力者だったのでしょうか?

また、青山みつさんは出生後、18歳まで青山家で暮らしていました。

それがある冬の日の出来事がきっかけで、生活が180度一変。

その出来事とは「青山家の骨董屋前で、落馬した男性がおり、その男性をみつが助けた」という出来事。

スポンサードリンク

実はみつさんが助けたその男性は、オーストリア代理公使であり、オーストリア(ハンガリー帝国)の貴族の、ハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵だったのです。

ハインリッヒさんを助けたことで、みつさんはハインリッヒさんに気に入られ、大使公邸に小間使いとして奉公することになります。

その後1893年に、みつさんはハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギーと結婚。

クーデンホーフ光子となり、長男ハンス光太郎さんと、次男のリヒャルト栄次郎さんの二人の息子を東京で出産します。

3年ほど日本で暮らし、その後はオーストリア(ハンガリー帝国)へ渡っています。

クーデンホーフ光子さんにとってはオーストリアでの暮らしは、ホームシックになったり、結核を患ったり、第一次世界大戦の影響で差別されたりと、波乱のある激動の生活だったようです。

夫の急死には一番ショックを受けたようですが、7人の子供に恵まれ、特に次女のオルガには最期まで世話をしてもらい、助けられながら生涯を生きたんだそう。

日本人女性で初めて国際結婚をされた人物として、後世に爪痕を残しています。

クーデンホーフ光子の子孫の現在は?

続きが気になる方は次のページへ↓

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする