パックンは貧乏?両親離婚で新聞配達?ハーバード首席芸人の過去とは?

スポンサーリンク

出典:https://www.kosodate.co.jp/miku/vol49/08_01.html

どうもこんにちは!あやです^^

年末にかけてお笑い界が熱いですね。

2018年12月23日(日)放送の

【誰だって波瀾爆笑】には

人気お笑い芸人パックンマックン

パックンことパトリック・ハーランさん

登場します!

パックンさんといえば過去に

アメリカのハーバード大学を首席で卒業

されおり、芸能界でも有名です。

そんなハイスペックの彼が今回

誰だって波瀾爆笑に出演し

貧乏生活を何年も送っていたことを

赤裸々に明かします。

ハーバード大学首席卒業で貧乏生活?と

疑問に思うことが多々ありましたので

今回はパックンさんの貧乏だった過去や

両親の離婚、新聞配達の真相について

調査していきます!^^

スポンサードリンク

①パックンとは?経歴は?

出典:https://www.kosodate.co.jp/miku/vol49/08_01.html

プロフィール 

*愛称:パックン

*本名:パトリック・ハーラン

*生年月日:1970年11月14日

*年齢:48歳

*出身:アメリカ合衆国コロラド州

*身長:184cm

*職業:芸人,俳優,声優,ナレーター,

東京工業大学非常勤講師

*学歴:ハーバード大学比較宗教学専攻

パックンさんはお笑いコンビ

パックンマックンのボケ担当として

一躍有名になった芸人さん。

もともと

アメリカ合衆国コロラド州出身ですが、

1993年に日本に来日。

当時日本に留学中だった

中学時代の友人に誘われ、

日本の福井県にやってきたんだそうです。

日本で英語講師として

働きたかったパックンさんは

近くの交番で英語学校を聞き出し

警察官を通して履歴書を出したそうなんです。

なぜ交番に?と思いましたが

確かに慣れない他の国での就職活動は

場所もわからないし戸惑いますよね。

手伝ってくれた親切なお巡りさんがいてくれて

安心されたことでしょう。

ホントよかったですね^^

ちなみにパックンさんは

ハーバード大学比較宗教学専攻

首席で卒業しています。

ハーバード大学出身の先生に

英語を教われるなんて、

生徒さんはラッキーですね!

その後は役者になるために上京しますが

お笑いにも興味を持ち始め、

お笑い芸人になることを決断!

相方である吉田眞さん

お笑いコンビパックンマックン

を結成され活動を開始しました。

出典:https://www.tbs-casting.com/speakers/129-packunmakun

現在は俳優ナレーター声優

東京工業大学非常勤講師としても

活躍しています。

パックンさんは

あらゆるお仕事をされていますが

やはりハーバード大学出身なだけあって

多才なのですね^^

一日のスケジュールも

かなり忙しいようです。

スポンサードリンク

②パックンは貧乏だった?両親離婚で新聞配達していたの?

パックンさんはもともとお金持ちの

御坊ちゃまなイメージがありますが

実はそうではありませんでした。

実は7歳の時に両親が離婚

父親は優秀な軍人さんだったため

裕福な暮らしをしていたようですが

両親が離婚してからは

母子家庭となり、一気に

貧しい暮らしとなりました。

パックンさんは家計を手伝うために

10歳から高校卒業するまでの間ずっと、

学校に通いながらも新聞配達の仕事

されていたんだそうです。

正直年齢を見て驚きました。

日本でも新聞配達のバイトをされている

若い方がちらほらおりますが、

小学生のうちから新聞配達のバイトを

されているといったお話は、

ほぼ聞かないですよね。

よっぽど家計が厳しく

貧乏だったのでしょう。

当時のことをパックンさんは

このように語っています。

それに当時、僕はコンプレックスの塊だった。ずーっと「ど貧乏」だったから。10歳から18歳までは新聞配達をしていた。朝3時半に起きて6時半までに400軒以上配る。7時すぎからは授業。ほぼ年中無休だった。

引用元:http://college.nikkei.co.jp/article/90700511.html

朝3時半から新聞配達をされていたんですね・・。

いつ寝ていたのでしょうか。

子供ながらに年中無休な生活を

約8年間も続けたのだから、

とても根性がありますし、

家族思いの優しい少年だったのですね。

さらにパックンさんは

高校時代のエピソードもお話しされています。

モテたくても高い洋服は買えないから個性で勝負した。高校3年生の一年は半パンで過ごした。一年間靴を履かなかったこともある。コロラドの冬はものすごく寒いけど、面白いヤツって思われようとしていたんだ。

引用元:http://college.nikkei.co.jp/article/90700511.html

お金がないなりに、

他の方法を自ら考え

ユーモアで勝負されていたようです。

こういう一面はお笑い芸人としての

スキルの一部に繋がっていそうですね^^

かなり努力家なパックンさん。

自ら人生を豊かにしていく行動をされていて

素晴らしいと思いました。

スポンサードリンク

③パックンが誰だって波瀾爆笑で真相暴露!

出典:http://www.ntv.co.jp/haranbakusho/

12月23日放送の

誰だって波瀾爆笑では、さらに、

”貧しさで愛犬のエサが買えず

お母様が涙された”というエピソードや、

ロッキー山脈で新聞配達をし、

配達によって出来たという筋肉の話を

されるんだそうです。

そしてハーバード大学の驚きの面接についてや

東京工業大学の非常勤講師就任に

まつわるエピソードまで盛りだくさんの

トークがなされます。

放送が今から楽しみですね♪^^

スポンサードリンク

④パックンについてのまとめ

パックンさんが今後もインテリ芸人として

さらなる活躍をされそうな気がしました!

貧乏生活から這い上がってきた彼の

生き様は素晴らしいものですね。

最後に今回のまとめです。

パックンさんはお笑いコンビ、パックンマックンのボケ担当。
アメリカ合衆国コロラド州出身1993年に日本に来日。
ハーバード大学比較宗教学専攻首席で卒業している。
*7歳の時に両親離婚。貧乏になる。
*10歳から高校卒業するまでの間ずっと、学校に通いながらも新聞配達の仕事をしていた。
*12月23日放送の誰だって波瀾爆笑に出演。

今後のご活躍を期待しています!

最後までお読み頂きありがとうございました^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする