式守与之吉が病気で痩せた?ギランバレー症候群ってマジ?結婚や嫁も調査!

スポンサーリンク

出典

どうもこんにちは!あやです。

2019年4月26日の「爆報THEフライデー」に

現在大相撲の幕内格行司を務める

式守与之吉さんが登場します。

式守与之吉さんは10代目幕内格行司として

活躍しましたが、病気を患い

痩せてしまったようなのです。

とても心配ですが、

今回は式守与之吉さんが患った病気

ギランバレー症候群についてや

結婚や嫁についてもリサーチしました。

一緒に見ていきましょう!^^

スポンサードリンク

①式守与之吉の年齢や経歴は?初土俵はいつ?軍配とは?

出典:https://www.pictame.com/tag/式守与之吉

では最初に式守与之吉さん

プロフィールを見ていきましょう!

年齢や経歴は?初土俵はいつで軍配とは何?

【プロフィール】

*名前:式守与之吉(しきもりよのきち)

*本名:菊池浩(きくちひろし)

*生年月日:1968年11月15日

*年齢:50歳

*出身:宮城県伊具郡丸森町(東京育ち)

*血液型:A型

*身長:不明

*職業:大相撲・幕内格行司

*学歴:不明

* * * * * * * *

式守与之吉さんは大相撲宮城野部屋の

幕内格行司

大相撲でも顔なじみのある方なので、

相撲ファンであれば、どなたなのか

すぐにわかると思います。

式守与之吉さんの出身は宮城県伊具郡丸森町。

東京都育ちではありますが、先代である

両親や祖父母の郷里を出身地としています。

現在の年齢は50歳で、

イケメン幕内格行司として行司界を牽引。

行司という役職は大相撲で力士が土俵を

踏むにあたり、大変重要な存在。

ちなみにこの行司という役職は

競技の進行や判定をする、他のスポーツでいう

審判のような役目を果たす人のことを言います。

大相撲において、競技の進行及び勝負の判定を決するもの、またはそれを行う人である。引用元:wikiより

行司は軍配という、

かつて武将が戦いで使用した

うちわのような形をした道具を使い

勝負の判定をします。

行司がいなければ相撲は成り立たないのです。

出典:https://deskgram.net/explore/tags/幕内格行司

ここまでで式守与之吉さんが行司であることは

わかりましたが、初土俵を踏むまでの間の

経歴が気になりますね。

過去にどこの高校や大学に通っていたのか

幕内格行司として活躍する前は

何をされていたのかは、

独自に調べてみましたが、

現時点では出身高校や大学などは

公表されていません。

それもそのはず、式守与之吉さんは

中学卒業を機に角界入りしているのです。

ちなみに式守与之吉さんは16歳の時

1984年3月場所で初土俵を踏みます。

当初式「守国浩」の名で土俵に立っていました。

当初左利きだったようですが行司をするにあたり

右利きに矯正したと言います。

利き手の矯正には6年かかったと言いますが

そこまでしてでも本気で相撲界に入りたかった

のでしょう。プロ根性がすごいですね。

また、与之吉さんは

10代式守与之吉を襲名されるまでの間に

名前が数回変わっています。

2001年1月場所

十両格昇進・8代式守錦之助襲名

2009年1月場所

幕内格昇進・12代式守与太夫襲名

2016年1月場所

10代式守与之吉襲名

式守与之吉への襲名を希望したのは

将来の「勘太夫」襲名を希望している

からなのだそうです。

実は力士にも階級があるように

行司にも階級があるといいます。

番付編成会議という会議で毎本場所・毎巡業

ごとに、理事会にで決定するのだとか。

将来を見越して襲名申請を出したり

与之吉さんは実に計画的な方ですね。

式守与之吉さんの行司スタイルとしては

ツートンカラーの装束をよく着ています。

その他多くの装束を持っていることでも有名です。

水玉陣羽織は相撲ファンの間でも美しいと

話題になっているそうですよ。

スポンサードリンク

②式守与之吉は病気で痩せた?ギランバレー症候群ってマジ?

大相撲行司として活躍していた

式守与之吉さんは階級も徐々に昇格し

順調に役割を果たしていました。

そのような矢先、病気を患い

痩せてしまったと言います。

今回の爆報フライデーでも

放送されましたが

式守与之吉さんが患った病気とは、

難病であるギランバレー症候群

式守与之吉さんは2017年の年末に

ギランバレー症候群を発症。

2018年の1月から体調不良を理由に

連続で休場していました。

力士や相撲ファンの間で

心配する声が多くありましたが

大相撲協会の配慮でずっと病気の病名は

非公表となっていました。

ちなみにこちらのギランバレー症候群とは

どのような症状を伴う病気なのでしょうか?

ギランバレー症候群とは・・

筋肉を司る運動神経が障害される病気。

ギラン・バレー症候群(ギラン・バレーしょうこうぐん、英: Guillain-Barré syndrome、以下GBSと記する)は、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。重症の場合、中枢神経障害性の呼吸不全を来し、この場合には一時的に気管切開や人工呼吸器を要するが、予後はそれほど悪くない。引用元:wiki

ギランバレー症候群は、

・サイトメガロウイルス

・EBウイルスなどのウイルス

・マイコプラズマ

・カンピロバクター

の4つのウイルスに感染したことが原因で

発症する病気だということがわかっています。

神経障害を引き起こすため、

四肢に力が入らなくなり寝たきりに

なってしまうこともあります。

国内では年間10万人に1人の割合で

発症するとされているようですね。

式守与之吉さんはギランバレー症候群を

患ってしまったことにより体も痩せ細り、

4ヶ月寝たきり状態になっていたといいます。

九死に一生を得たということで

復帰直後には周囲も驚いたようです。

数ヶ月間入院していましたが、

病気を克服し2018年6月に退院。

3ヶ月間の自療養後同年9月に

国技館に出勤しています。

土俵には9月30日の日馬富士の引退相撲で復帰。

難を乗り越え再度土俵に立ちました。

復帰後の初土俵では与之吉さんの復帰を

待っていた相撲ファンの方たちからの

「与之吉〜〜〜〜!」という

復帰を祝う声がたくさん聞こえてきたようです。

復帰後与之吉さんはこのように語られています。

「手の握力がまだ戻らないんです。軍配を握るのは問題ありません。でも、はしでラーメンをすくうのは難しい。相撲字を書くのも問題ありませんが、細かい字を書く時は震えます。月に1度、病院に通い、いただいたリハビリのプログラムを地道にやっています」

引用元:https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201901210000001.html

さらに光栄なことに2019年1月場所8日目の

今上天皇の天覧相撲では、

両陛下から体調を気遣われる場面が

あったといいます。

両陛下は説明役を担当していた八角理事長に

「与之吉さんは大丈夫ですか?」と

問われたそうです。

式守与之吉さんも驚いたようですが、

与之吉さんはそれほど大相撲界に

大きな影響を与える幕内格行司なのです。

スポンサードリンク

③式守与之吉の結婚や嫁は?

出典:https://instagrammernews.com/detail/1169554101258975903

式守与之吉さんのプライベートな部分は

かなり謎に包まれていますが、

結婚や嫁さんについてはどうなのでしょうか?

今回あらゆる手段を使い式守与之吉さんの

結婚や嫁さん・子供について調べてみましたが、

結婚していて嫁や子供がいるという情報は、

見つかりませんでした。

ただ与之吉さんは入院中に多くの方に

支えられたといいます。

結婚されているとは公表されていませんが

その中にもしかしたら奥さんの存在も

あったのかもしれませんね。

相撲に関する他の記事も読まれています!

照強の塩や耳が凄い?力士の妹や元ヤンキーの真相をインスタで調査!【さんま御殿】

剣武輝希(元力士)の旅館の評判は?場所や名前や料理も気になる!【爆報!THEフライデー】

スポンサードリンク

④式守与之吉についてのまとめ

では最後に式守与之吉さんについての

まとめを見ていきましょう!

2019年4月26日の

「爆報THEフライデー」に

大相撲の幕内格行司を務める

式守与之吉が登場!

式守与之吉は大相撲宮城野部屋の

幕内格行司。

行司は競技の進行や判定をする、

他のスポーツでいう審判のような

役目を果たす人のことを言う。

行司は軍配という、

かつて武将が戦いで使用した

うちわのような形をした道具を使い

勝負の判定する。

式守与之吉は16歳の時

1984年3月場所で初土俵を踏んだ。

式守与之吉はギランバレー症候群

を患い病気で痩せた。

結婚していて嫁や子供がいるという情報は、

見つかりませんでした。

最後までお読み頂きありがとうございました!^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする